コンテンツへスキップ

ストライク・ジャム

姜 湖 宙

HOME > ストライク・ジャム > 第7回 SIDE

第7回 SIDE

    サイズ:F6号
    画材:アクリルガッシュ

     

     写真の被写体になって欲しいと言われた時、自分が無性に偽物っぽく思えた。

     どちらの側に立つか、ということで見え方は異なる。どちらの側から見える私も、私に違いない。

     「私」という一人称を、全く使わずに文章をつくることに凝っていた時期がある。あまりにも「私」を多用し過ぎだと感じていたから。「私」を一度も使わずに、自分のことを書くことは、文学でも政治でも難しくなかった。

     そうやって指を刺され、答えに窮した。話し合いは長引いて、ぐったりと人々は疲れていた。既に描くことを喜びと感じなくなっていたし、ひっきりなしに来るメールに疲弊していた。私を描写する人は、自由だ。私を撮る人も、自由だった。だから、拘る必要はないと思った。

     

     

    [© KANG HOJU]

     

    ※アプリ「編集室 水平線」をインストールすると、更新情報をプッシュ通知で受けとることができます。

    https://suiheisen2017.jp/appli/

     

    連載記事

    第1回 父母-pumo-

    第2回 〈TALK〉

    第3回 나와 너〈私とあなた〉

    第4回 湖へ

    第5回 WINDOW

    第6回 知らせ

    第8回 蹂躙