コンテンツへスキップ

ストライク・ジャム

姜 湖 宙

HOME > ストライク・ジャム > 第6回 知らせ

第6回 知らせ

    F3号、アクリルガッシュ

     

     猫は、知らせを運んで来た。私は不吉なものだと予感した。しかし、猫は決してその知らせを手離さなかった。実際、それは、私を幸福にする知らせかも知れなかった。私には知る術がなかった。私が七年前に生んだこの猫は、既にボロボロだった。腕は折れ、耳は移植され、尻尾は引き千切れていた。私はキャンバスの中で、この傷だらけの猫の全ての傷を治してやった。正直者ではない私と、この猫は。

     其処には、未来の結果が記されている。私にそれを見る勇気がなかっただけだ。

     再生された猫は、私に最大の配慮を行い、私を尊重していた。今、他の誰よりも。

     熱っぽい身体で、深夜、私は一人アイスを食卓で食べていた。猫は、綿の抜けた頼りない腕で、真っ黒い知らせをそっと食卓の端に載せた。

     窒息している、中身。私はそれを開く力がなくとも、自分を許す覚悟をした。猫は与えられた役割を終え、子供の傍へ、眠るために帰って行った。

     

     

    [© KANG HOJU]

     

    ※アプリ「編集室 水平線」をインストールすると、更新情報をプッシュ通知で受けとることができます。

    https://suiheisen2017.jp/appli/

     

     

     

    連載記事

    第1回 父母-pumo-

    第2回 〈TALK〉

    第3回 나와 너〈私とあなた〉

    第4回 湖へ

    第5回 WINDOW

    第7回 SIDE

    第8回 蹂躙