コンテンツへスキップ

ストライク・ジャム

姜 湖 宙

HOME > ストライク・ジャム > 第4回 湖へ

第4回 湖へ

    大きさ:F4号 画材:アクリルガッシュ・パステル

     

    自分が今、何を描くべきか、天啓のように知る瞬間がある。この瞬間なしに、気ままに何かを描こうとすることは殆どない。いつも、描きたいものが先に在る。拙詩集『湖へ』(書肆ブン)の最終に収録した標題作「湖へ」を読み直した深夜、この絵のイメージが現れた。私にとって、湖は原風景だ。そしてこの原風景は、輝く美しい湖ではなしに、湖畔のあなたの姿だった。泳げない私が湖に入り、あなたは――何をしていたかは朧げにしか覚えていないが――私を見守る。はっきりとした輪郭線のない絵を描いたのはこれが初めてだ。その理由としては、私の絵の一つの指針を、失う出来事があったからだ。そして、そのことによって、結果的に私は少し身軽になったと思う。私はこの風景=あなたを、今後、繰り返し描くだろう。

     

     

    [© KANG HOJU]

     

    ※アプリ「編集室 水平線」をインストールすると、更新情報をプッシュ通知で受けとることができます。

    https://suiheisen2017.jp/appli/

    連載記事

    第1回 父母-pumo-

    第2回 〈TALK〉

    第3回 나와 너〈私とあなた〉

    第5回 WINDOW

    第6回 知らせ

    第7回 SIDE

    第8回 蹂躙

    第9回 越境する魚

    第10回 わたしは何を守りたかったんだっけ?