コンテンツへスキップ

戦争

亀山 亮

HOME > 戦争 > 第6回 一日中、マリファナを吸う少年兵

第6回 一日中、マリファナを吸う少年兵

    リベリア共和国ニンバ州グレ 2004年

     

    寝たい時に寝て、好きな時間に起き、大人の兵士とマリファナを吸う。ここには善悪を教える大人がひとりもいない。問題の解決方法は暴力でしかない。まわりの大人の兵士たちは自分たちがやりたくない仕事、炊事や洗濯などを彼らにやらせ、村人たちから略奪を繰り返す。ここにいる子供たちは自分の感情を抑えることができない。  ひとりの子供の兵士に、「村に火をつけたら君たちが住む場所もなくなってしまうよ」と言うと、腹を立てたのか突然藁屋根に火をつけた。僕は少年を怒鳴りつけ、慌てて火を消した。少年はただ不思議そうに見ていた。  彼らは人間として大事な部分、他人のことを思う気持ちがなくなってしまった。そうでないと暴力の嵐の中で生き残れなかったのかもしれない。

     

     

    [© Ryo Kameyama]

     

    ※アプリ「編集室 水平線」をインストールすると、更新情報をプッシュ通知で受けとることができます。

    https://suiheisen2017.jp/appli/

    連載記事

    第1回 マイマイ兵士たち

    第2回 アディラ・ブミディア(36歳)

    第3回 戦闘中に酒を飲む政府軍

    第4回 エモンズ

    第5回 タンタルを採掘する労働者たち

    第7回 第二次インティファーダ(パレスチナ)

    第8回 被弾(パレスチナ)

    第9回 メキシコ・低強度戦争